告白の演出

スマートフォン用のアプリを介して出会い、交流を続けてきた二人がお互いに好ましく感じていることが分かった場合、どんな風に告白をするのがいいでしょう。

二人の出会いの頃から続けてきたように、アプリ内のメッセージ機能で気持ちを伝える方法でもいいかもしれませんが、相手と長く良好な関係を続けていきたいと考えているのであれば、きちんと会って、インパクトのある告白をすることをお勧めします。
「メッセージで送った方が後でも読めるし、その方がいいのではないか」と考える人もいるでしょうが、告白は特別なイベントですから、出来るなら直接会い、自分の言葉で伝える方がいいでしょう。
その方が心に残るでしょうし、インパクトが強いのです。

例えば交際している人とケンカをしてしまった場合には、上記のようにメールなどで謝罪の意を表す方が効果的でしょう。
気持ちが落ち着くまで、相手の言葉を何度も繰り返し読むことができるからです。
もちろんメールで謝罪の意を表したあとには、直に謝ることも重要です。
この場合、まずは謝罪の意を文章にして、「直接会ってお詫びがしたい」というひと言を添えることが望ましいでしょう。

ですが、告白はポジティブな事ですから、最初から声に出して伝えた方が効果は大きいのです。
人は相手がどんな気持ちでいるのかということを声色や表情から推察するものなので、嬉しいことや楽しいことは直接声に出して伝えると、よりその気持ちが伝わりやすくなるでしょう。
ですから、アプリを介して知り合ったのだとしても、告白をする際には直接会ってすることをお勧めします。
それが交際を成立させる最後の一押しになることもあるのです。

謝罪の場合は、相手の気持ちを落ち着けるためにワンクッションが必要ですが、告白であれば直接した方が圧倒的にインパクトは強まり、成功の確率も上がるというものです。
告白をしたいと考えている人は、ぜひそのことを覚えておいて実践してみてください。