ストレート勝負

お互いに相手に対して好印象を抱いていることをわかっていても、好きだとはっきり伝えることは意外と勇気がいるものです。
両想いであることを確信していてもそのタイミングを計ることはなかなか難しいですし、確信が持てていないケースの場合はなおさら勇気がいることでしょう。
ですが告白しなければ二人の関係が先へ進むことはありません。
好ましいと思える人と出会い、そして関係を深められるチャンスがあるとすれば、告白はするべきでしょう。

近年、出会いの場としてスマートフォン用のアプリを利用している人が多いですが、出会いアプリを介して知り合ったからといって必ずしも交際へ発展させられるわけではありません。
ですが、そうしたアプリ上で長く友達のような関係を続けていた人と、ある日突然恋に落ちるということはあり得なくはない話です。
後者のようなケースの場合、「長く友人としての関係を築いてきたのだから、いまさら口にしなくても分かるだろう」などと考える人もいるかもしれませんが、恋愛に関してそうした遠慮は「狡さ」ともいえるのです。
きちんと自分の気持ちに責任を持つという意思を込めて、「好きだ」と伝えることをお勧めします。
その一言は相手に大きなインパクトを与えるでしょうが、うまくいけば長く良好な関係を続けたいという気持ちにもさせてくれることでしょう。

告白は恋愛における一大イベントであり、もっとも大きなインパクトを与える行為でもあります。
ですから遠回しではなくストレートにすることが大切ですし、それは上記のように確信が持てない場合であっても、友人という関係から恋へと発展した場合であっても変わりません。
「好き」という言葉には、相手の関心を惹きつける効果があります。
他の様々な言葉を盛りだくさんにして告白するよりも、真っ直ぐ相手の心に届くのがこの言葉なのです。
告白の際には、もっともストレートでインパクトの大きい「好き」という言葉を最初に伝えることをお勧めします。